香水は逆効果になるケースもある

MENU

体臭を消すための香水は逆効果になることもあります

日本人は欧米人に比べると体臭はきつくないと言われていますが、これは欧米と日本では文化が違うことも影響していて、特に食事については体臭の差で大きいと言われていますが、近年は日本でも食の欧米化が進んでいるということもあって、日本人でも体が欧米化している人が増えていて、それが起因して体臭が強くなるケースは増えていると言われています。

体臭が特に気になる季節は夏だと思いますが、夏は一年の中で最も発汗するため、汗が出やすく、それだけ細菌や老廃物が溜まりやすいということになりますが、その体臭を消すために香水を体にかけるという人は多くいると思います。

 

香水はいろいろなメーカーが発売していて、それぞれの香水に特色があっていい香りがしますが、香水をかけると体から良い匂いが出る一方、香水そのものが体臭を消すわけでは無いので注意する必要があります。

 

体臭が強い状態で香水をかけると、どのような状態になってしまうかということですが、香水の臭いと体臭が混ざり合ってしまい、香水の良い匂いと体臭の悪臭によって本来の香水の臭いが消されてしまいます。

 

これが体臭を消す目的で香水を使用しない方が良い理由となっていますが、体臭の程度が軽い場合は香水が体臭を消す効果の方が高いため、十分に香水で体臭を消す効果はあると言えます。

 

体臭に効果がある香水なども販売されているので、メーカーにこだわりが無い場合はこの手のタイプの香水を使用すると良いでしょう。