自分が本当ににおっているのかどうか分からない

MENU

自分の体臭って、本当に臭っているのかどうか、分からないという人、意外に多いのではないでしょうか。確かに、周りは臭いと感じているのに、その臭いを発している本人は顔色ひとつ変えていない場合が多いですよね。それって、一体どういうことなのでしょうか。

 

実は、臭いというのは順応性が非常に高いものです。人間にはいろいろな感覚が備わっています。その感覚は、どれもある程度順応性があります。

順応性とは、ようするに馴れるということです。味覚や触覚、痛覚などいろいろな感覚がありますが、その中でも非常に順応性が高いのが嗅覚なのです。

 

初め臭いと思っていても、いつも嗅いでいるとそれが馴れてしまって、臭いと感じなくなってしまうのです。例えば、香水を振る量。知らず知らずのうちに量が増えていって、他人からすると非常にキツく感じることがあります。それから、フレグランスなどのお試しでいろいろな匂いを嗅いでいると、何がなんだかわからなくなりますよね。ようはそういうことです。

 

ですので、自分の体臭に気付いていない人って、意外に多いのです。そのようなときには、家族や気心知れた友達に、ストレートに聞いてみるのもひとつでしょう。もしくは、シャワーを浴びて一旦体臭をリセットできている状態で、自分の衣服などの臭いを嗅いでみたりします。そうすると、若干感じ取ることができるのではないでしょうか。

 

なかなか自分で気付くことは難しいかもしれませんが、気にかけておく、というのはエチケットとして大事なことですね。